スパカ・高級車トレンド情報局

Welcome to my luxury auto blog.最新のNEWSや高級車に関する記事を載せてますので、どうぞごゆっくり閲覧ください。コメントも随時お待ちしております。

「R8スパイダー」がフルモデルチェンジ!!1世代目とどう違う??

      2017/04/26

アウディから「R8スパイダー」に関しての情報が入ったため投稿する。

同車をフルモデルチェンジし、3月28日より受注開始、7月上旬に発売されるとのことだ。

R8スパイダー
新型はクーペモデルと同様、ボディサイドのエアインテーク部にサイドブレードを装着することで、ミッドシップ スポーツであることをアピールしている。


LEDライトを搭載

エクステリアとしてはフロントに左右それぞれ37個ものLEDを備えたLEDマトリックスヘッドライトを標準装備。

LEDリアコンビネーションライトの間にハニカムグリルを装着することでクーペとは異なる表情を演出している。

フレームにはアルミとカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)を組み合わせて総重量わずか208kgの新世代のアウディ スペース フレーム(ASF)を採用することにより、ねじれ剛性は先代モデルとの比較で50%改善した。

ソフトトップを採用

油圧電動式ソフトトップは遮音性に優れたクロス製で、フレームにはアルミニウムと鋳造マグネシウムを採用した。

トップコンパートメントカバーはCFRP製となっており、重量は約44kgで、軽量化と低重心化に貢献している。

開閉に要する時間は約20秒、時速50km以下であれば走行中の操作も可能である。


最高出力540psのエンジン搭載

キャビン後方に搭載されるエンジンは、最高出力540ps、最大トルク540Nm(55.1kgm)を発生する自然吸気の5.2リッターV型10気筒エンジンを搭載。
低負荷時にはエンジンの片バンクを休止させるシリンダーオンデマンド(COD)や、アクセルオフの際にエンジンを駆動系から切り離すコースティングモードを備え、高い燃費性能を実現したとアピールされる。

トランスミッションは7段ATで、駆動方式は4WDである。


1世代目より、もっとハイスペックな車に
2010年に1世代目が発売された「R8 Spider」が、ハイスペックな性能を手に入れ、スーパースポーツカーの常識を覆す快適性を手に入れた2世代目へと大きく進化したことを表す性能となっている。

価格

¥26,180,000

 - AUDI , , , , , , , , , , , , ,