スパカ・高級車トレンド情報局

Welcome to my luxury auto blog.最新のNEWSや高級車に関する記事を載せてますので、どうぞごゆっくり閲覧ください。コメントも随時お待ちしております。

限定台数30台!?「ベンテイガ」に新グレード登場!!

   

ベントレー「ベンテイガ」に関しての情報が入りました。

 

5月1日、同車に新グレード「オニキス エディション」を追加すると発表したとのことです。

 


ベンテイガ「オニキス エディション」

 

ベンテイガ」は、優れた走行性能とベントレーならではのラグジュアリー性を兼ね備える高級SUVです。
昨年の12月には「ベンテイガ クーペ」も登場し、徐々にラインナップが増えている注目のモデルです。

 


標準「ベンテイガ」
ボディのサイズは、全長5,141×全幅(ミラー除く)1,998×全高1,742mm、ホイールベースは2,992mm、オフロード走行用に引き上げられた最低地上高によって車高は250mm以上も高い、1,700mmを越えるものとなっています。

 

ちなみにその最低地上高は、最大245mmまで上昇させることも、さらに、乗り降りしやすいように、アクセスレベルに車高を落とすことも可能となっています。

 

エンジン性能が半端ない
最高出力600hp、最大トルク91.7kgmを発揮する6.0リッター・ツインターボW型12気筒TSIエンジンは、直接噴射とポート噴射の両方を採用し、ある一定条件下でエンジンの半分がシャットダウンされる気筒休止システムや、慣性走行モード付きアイドリング停止機構も導入されています。

 

低負荷走行時には12気筒の半分を休止する気筒休止システムを採用することで、燃費も相当アップするでしょうね!これに8速ATが組み合わされ、もちろん4輪駆動で、0-100km/h加速は4.1秒、最高速度は301km/hに達するという、パワフルなSUVです。

 

そして今回追加された新グレード 「オニキス エディション」は、装備内容を一部見直し、よりカジュアルに、幅広い顧客層をターゲットとした限定モデルです。

 

 

ボディカラーは11色から選択でき、違いとしては「ベンテイガW12」がロアーボディワークにはテクニカルグレー仕上げを標準設定しているのに対し、オニキス エディションではグロスブラックを採用しています。

 

また、ウッドパネルはダーク・フィデルバック・ユーカリプトゥスを、ホイールは20インチ10スポークアロイ(ペイントフィニッシュ)を装備します。
エンジン性能に関しての記述はないため、「Bentayga W12」のエンジンを搭載していると見られます。

価格



¥23,990,000

日本での販売は今年度30台限定で、デリバリーは第4四半期を予定しています。

 

通常モデルとの違いが、ボディワークにオニキスブラックを使用した点ということにより、外見に堅牢さが滲み出たようなデザインとなっています。

 

「ベンテイガ」の購入を今考えておられる方は記念に、この新グレードの購入を視野に入れるのもありですね。

 - Bentley , , , , , , , , ,