スパカ・高級車トレンド情報局

Welcome to my luxury auto blog.最新のNEWSや高級車に関する記事を載せてますので、どうぞごゆっくり閲覧ください。コメントも随時お待ちしております。

【ベントレー】限定台数30台!?コンチネンタルGT コンバーチブルに特別仕様車が登場!

   

ベントレー は2017年7月24日、「コンチネンタルGT コンバーチブル」の特別仕様車「Galene Edition(ガレーヌエディション)」を発表したため投稿します。

 


コンチネンタルGT コンチネンタル 

Galene Edition

モデル名のガレーヌは、ギリシャ神話に登場する、穏やかな海の女神から採用されています。

 

ボディサイズはアナウンスされていませんが、標準「コンチネンタルGT コンバーチブル」と同じであれば全長4,806mm、全幅1,944mm、全高1,404mmとなるでしょう。

 

透明感あるエクステリア

 

エクステリアデザインは、透明な水が持つ虹色の輝きをイメージしたもので、ボディーカラーには「グレイシャーホワイト」を採用しました。

 

ボディー下部には「シークインブルー」のアクセントが施され、さらにダークブルーのフードや、プロペラデザインの21インチホイールを装備しています。

 

コントラストが異なるレザーを採用

 

インテリアについては、シートやドアの内張り、ステアリングホイールなどをリネンやポートランド、ブリュネルなどのカラーを組み合わせたレザーで上品な空間を演出しています。

 

シートのステッチやステアリングの12時の位置に備わるマーキング、センターコンソールのトリムにはキャメルが用いられ、さらにダッシュボードの助手席側を、イラストレーターであるジョーム・ヴィラーデル氏直筆のヨットのイラストで飾ることもできます。

 


標準コンチネンタルGT コンバーチブル

 

パワートレインに関しては、標準「コンチネンタルGT コンバーチブル」では6.0L W12 ツインターボ、4.0 L V8 ツインターボが用意されており、W12エンジンでは6速AT、V8エンジンでは8速ATの搭載であったが、今回のモデルにはどのパワートレインが搭載されるかアナウンスされていないようです。

 

 

また、ガレーヌエディションの開発にあたり、マリナーではピンストライプ柄のウオールナットパネルを新たに作成し、センタースタックとコンソールに使用されるほか、ラゲッジルームにも敷き詰められています。

 


オーダーメイド部門が開発を一任

 
今回のガレーヌエディションは、ベントレーのオーダーメイド部門であるマリナーが手がけたモデルとなります。

 

ラグジュアリーヨットのデザインからインスピレーションを得たとされ、開発にあたっては英国のヨットメーカーであるプリンセスヨットの協力を得て、共同開発しました。

 

価格や日本への導入予定などはアナウンスされておらず、全世界で30台の限定モデルとなっています。

 

 - Bentley , , , , , , ,