スパカ・高級車トレンド情報局

Welcome to my luxury auto blog.最新のNEWSや高級車に関する記事を載せてますので、どうぞごゆっくり閲覧ください。コメントも随時お待ちしております。

ベントレー最速4ドアモデル「フライングスパー W12 S」がついに日本導入!!

      2017/04/27

ベントレー「フライングスパーW12 S」に関しての情報が入ったため投稿する。
1月10日に2017年春、日本市場に導入すると発表したとのことだ。

 

 


ベントレー「フライングスパー W12 S」
同車は、ベントレー最速の4ドアモデルを目指して開発された。

 

 


姉妹車には「コンチネンタル GT」


ベントレー「フライングスパー」自体に関しては2013年2月のジュネーブモーターショーにて発表されている。
姉妹車には「コンチネンタル GT」「コンチネンタル GTC」が位置付けられる。

2013年時の詳細



発表段階でのボディサイズは全長5,295mm、全幅1,976mm、全高1,488mm、ホイールベース3,065mmで駆動方式は4WD。

 

 

パワートレインにはW型12気筒6.0リットルツインターボエンジンとV型8気筒4.0リットルツインターボエンジンの2種類が設定されている。

 

 

また、サスペンションには前輪にレーシングカーや高級スポーツカーによく使われているダブルウィッシュボーン、後輪にマルチリンク式が採用されている。

より高性能なラグジュアリーカー
そして、今回日本に導入が決定した「フライングスパー W12 S」は「フライングスパーW12」をベースに、さらなる高性能を追求している。

エンジンが強化
注目されるのは6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボエンジンの強化だ。

 

最大出力が625psから635psへ、最大トルクは81.6kgmから83.6kgmへと強化され、2000rpmの低回転域から引き出されることにより、「フライングスパーW12 S」は、0‐100km/h加速4.5秒、最高速325km/hの性能を実現した。

 

 

ベントレーの4ドアモデルとして、史上最速のパフォーマンスを誇るラグジュアリーカーとして君臨するだろう。


専用のインテリア・エクステリア
エクステリア、インテリア共に専用設計され、サスペンションも専用にチューニングされており、快適性を保ちながら、ハンドリング性能が高められのでより快適なドライビングを楽しむことができるだろう。

 

 

価格は2665万円と公表されているがオプションやグレードに関しての情報はまだないため、わかり次第投稿する。

 

 

 - Bentley , , , , , , , , , ,