スパカ・高級車トレンド情報局

Welcome to my luxury auto blog.最新のNEWSや高級車に関する記事を載せてますので、どうぞごゆっくり閲覧ください。コメントも随時お待ちしております。

【ランボルギーニ(Lamborghini)】デビューは2018年?発表された「ウラカン スーパートロフェオ EVO」の性能がやばい!!

   

ランボルギーニのモータースポーツ部門、ランボルギーニ スクアドラ コルセが、「ウラカン スーパートロフェオ EVO」を9月20日に発表したため投稿します。

 

 

ウラカン スーパートロフェオ EVO」とは、エアロダイナミクスの全面的な再設計、安全性を向上させる新デバイス、機械的構造と電子部品への様々な改善により、前モデルが既に達成した基準をさらに高めたレーシングカーです。

 

ウラカン スーパートロフェオ EVO

 

EVOのカラーリングは、ランボルギーニ チェントロ スティーレにてデザインされ、新たな形状に変貌を遂げました。

 

また、有名なスイス高級時計メーカー、ロジェ・デュブイとの新たな提携も発表されています。

 

ランボルギーニ スクアドラ コルセとロジェ デュブイは、継続的な卓越性の追求、革新素材の探求、自社の精密機器を製造する過程でのディテールへのこだわりなど、同じ価値観を持っていることから提携が決定したようです。

 

まずエクステリア全体に関してですが、ベースカラーをタイタン・グレーにしており、ウラカン スーパートロフェオ EVOは全ての部品がカーボンファイバーで設計されています。

 

 


エアロダイナミクスを最大限向上

 

フロントまわりでは新しいバンパーを採用し、エアロダイナミック サイドスポイラーと同様にエアインテーク下部を拡大しています。

 

また、フロントフェンダーにはネガティルーバーを装備し、上部に新しいスリットを加えるなどして前方向への抵抗を低減し、フロントフードの中央部には新しい六角形のエアインテークも設けられました。

 

リアまわりについては、調整可能な大型ウイングの真下に位置するリアスポイラーが前モデルと比べて表面が大きくフラットになり、下部ではエンジン換気コンパートメントが以前よりも大きくなっています。

 

フロントに関して、ウラカン・スーパートロフェオ EVOは全面的に新しいバンパーを採用しすることで、

 

フロントへの空力負荷が大きくなりました。

これによって空力バランスが 3%フロントへシフトしたことにより、エアロダイナミクス全体の向上にもつながり、車両の安定性が向上しています。

 

調整可能なリアウィングは、これまでと同じくアルミニウム製の新ピラー上に配置されており、重量を増加することなく、サイズは従来よりも大型になっています。

 

リアウィングのサイドチップ、ハンドプレートも刷新されており、新しい大型化されたデザインは、ウイングへのエアの影響を含み、効率を向上させました。

 

実際に、改良に改良を重ねた今回のボディキットは、全体的な空力効率を大幅に向上させ、前進運動への抵抗が 8%低減されています。

 

モンツァ サーキットで初めてテストが行われ、前モデルが1分47秒8だったのですが、新モデルは1分46秒3と1.5秒速いタイムを記録しています。

 

 


パワートレインは前モデルと同様

 
パワートレインには前モデルと同様に、ウラカン・スーパートロフェオ EVOは、進化した自然吸気 5.2 V10エンジンを搭載しています。

 

これは公道向けのウラカンから派生したもので、最大出力620hpに増大しており、後輪駆動で、X-トラック6速シーケンシャルシフトを装備しています。

 

また、ウラカン スーパートロフェオの現行モデルを所有するチームは、新仕様にアップグレードするための、エアロダイナミックボディキットを購入する機会があるため、そこで改良することも可能となっています。


価格
ヨーロッパ/アジア 23万5000ユーロ

アメリカ 29万5000ドル

2018年春以降、ヨーロッパ、アジア、北米の三大陸シリーズでレースデビューする予定で、ランボルギーニ・スーパートロフェオ ワンメイク・シリーズに参戦するだけでなく、GTカップカテゴリーの国際グランツーリスモ・チャンピオンシップや耐久レースにも参戦する運びとなっています。

 - Lamborghini , , , , , , , ,