スパカ・高級車トレンド情報局

Welcome to my luxury auto blog.最新のNEWSや高級車に関する記事を載せてますので、どうぞごゆっくり閲覧ください。コメントも随時お待ちしております。

新型「LS」がデトロイトモーターショー17で初公開されることが決定!!

   

レクサスが新型「LS」のワールドプレミアに関しての情報発表したため投稿する。

 


新型「LS」イメージ画像

2017年1月に開催されるデトロイトモーターショー17では、5世代目LSがワールドプレミアされる予定とのことだ。
そして、注目なのはこの新型「LS」にミラーレスが採用される可能性があるとのことだ。

「LS」 ミラーレスver

このミラーレスは以前から搭載が予想されており、今、自動車業界で注目されている。
ドアミラーやルームミラーをなくし、カメラとモニターで代用する新しいタイプの車だ。
実際に、トヨタは、2015年秋の東京モーターショーで、高級車ブランドのレクサスからドアミラーをなくした「ミラーレス車」を公開している。

自動車各社はサイドミラーに変わって取り付けられたカメラで後方を撮影し、その映像を車内モニターで映し出すことで、サイドミラーを無くすという技術だ。

 

カメラ映像を使用することで、後部座席に荷物があった場合でも、ルームミラーよりも後方の状況を確認しやすくなるほか、ドアミラーを取り外したことで空気抵抗が減り、燃費向上につながることが期待される。

BMW 「i8」ミラーレスver
実際に世界の自動車メーカー各社は既にその開発に乗り出している。
例えばアメリカ、テスラモーターズは12年、国連のルール変更に先駆けてミラーレス車を発表しており、BMWでは「i8」シリーズにミラーレスを導入している。

 

メルセデスベンツもミラーレス車をモーターショーで発表しており、車産業のトレンドになりつつある。

 

ミラーレス技術の導入により、ドアミラーが取り除け、その分のスペースを車幅拡大に充当させ、車体サイズのアップが可能となる。

 

欧州メーカーの高級車にも引けをとらない迫力の車体サイズを実現することが可能となり、高級自動車市場でレクサスがライバル社に攻勢をしかける。


ミラーレスには安全面のリスクが潜む

ただ、ミラーレスには安全面でのリスクとしてはサイドミラーやルームミラーでの目視には、死角が存在するかもしれないが、カメラモニターを使用したミラーレス車では、電気系統もより複雑になり、不具合が発生した際、安全をどのように確保するのか課題も多い。

 
走行中にトラブルで後方が確認できなくなる可能性は低いが、この起こった不具合に対しての課題をいかにして解消するかがキーポイントとなるだろう。

 
まだまだ情報が公開されていくため、わかり次第投稿する。

 - LEXUS , , , , , , , , , , , ,