スパカ・高級車トレンド情報局

Welcome to my luxury auto blog.最新のNEWSや高級車に関する記事を載せてますので、どうぞごゆっくり閲覧ください。コメントも随時お待ちしております。

人気再燃なるか!?「ギブリ」の改良新型プロトタイプが発見!!

   

マセラティの4ドアサルーン「ギブリ」の改良新型プロトタイプが発見されたため投稿します。

「ギブリ」改良新型プロトタイプ
「ギブリ」とは、全長4970mm、全幅1945mmという堂々たるサイズを持ち、重量も後輪駆動の「ギブリ S」で1950kg、4WDの「ギブリ S Q4」になると2トンを超える4ドアセダンです。

 

エンジンには410psという最高出力と、550Nmの最大トルクを発生する3LV6ターボエンジンを搭載していました。

 

そんな「ギブリ」ですが2015年11月の最初の週にクワトロポルテとギブリの生産を停止すると発表されていました。

中国での需要の低下
原因が中国の需要の低下と新モデルの「ギブリ」が不人気過ぎて出荷率が13%ダウン、2015年第二四半期営業利益は30%低下と好調だった2014年に比べかなり厳しい状況でこれ以上生産を増やしてもブランド価値を下げるだけなので一時的に生産が停止されていました。

 

 

ですが、今回の試作車は「ギブリ」の改良モデル。
マセラティは今後も「ギブリ」のような4ドアセダンを導入して行きたいようですね。

 

 

外観にはフロントバンパーのエアインテークにハニカムメッシュが確認出来るほか、リアバンパーにはディフューザーらしきデザインも見られます。
その他の変更箇所は、ヘッドライトとテールライトのグラフィック、フロントグリル、トリムをリフレッシュし、室内には、これまでより大型のタッチスクリーンを備えたインフォテインメントシステムを装備する予定となっています。

 

パワートレインには、350ps/410psを発揮する3リットルV型6気筒ツインターボ、250ps/275psを発揮する3リットルV型6気筒ターボディーゼルがアップデートされる可能性もあるとのことでした。
出力がどのくらいまで跳ね上がるのか興味深いですね。

 


ワールドプレミアは9月が有力

 

改良新型のワールドプレミアはは、9月のフランクフルトモーターショーが最有力であるとのことです。
「ギブリ」のおかげでかなりマセラティ人気が落ちてしまったという意見もあるようなので、この改良型によってどのくらいまで人気を戻すことができるのか、目が離せません。

 - Maserati , , , , , , ,