スパカ・高級車トレンド情報局

Welcome to my luxury auto blog.最新のNEWSや高級車に関する記事を載せてますので、どうぞごゆっくり閲覧ください。コメントも随時お待ちしております。

「Eクラス カブリオレ」にAMGラインが登場!!発表はどこ??

      2017/04/26

メルセデスベンツから新型「Eクラス カブリオレ」に関する情報が入ったため投稿する。
同車に 「AMGライン」を設定し、3月7日にスイスで開幕するジュネーブモーターショー17で初公開すると発表するとのことだ。

Eクラス カブリオレ AMGライン
新型「Eクラス カブリオレ」のAMGラインは、「アバンギャルド」がベースになっており、フロントバンパーは、開口部にフィンが付くエアロダイナミクス性能を追求した専用デザインだ。
サイドスカートも装備し、大径のAMG製アルミホイールは、細いスポークが特徴的で、窓回りにはマットアルミが目を惹くデザインになっている。

ボディサイズは、全長4826×全幅1860×全高1428mm。先代より全長で123mm、全幅で74mm、全高で30mm拡大され、伸びやかなボディラインが先代モデル以上に強調された。2873mmのホイールベースは先代比で113mmのアップである。これに伴い、前後トレッドはフロントで67mm、リアで68mm伸ばされている。


ソフトトップを採用
また、トップ部も標準「Eクラス カブリオレ」と同じくソフトトップを採用されている。断熱機能を備えた多層構造のソフトトップは、Sクラス・カブリオレと同等の、高水準の品質を誇る。

遮音性や耐候性にも配慮されたほか、クローズド時はクーペモデルと同様の、流麗なルーフラインを描く。全自動ソフトトップの開閉は約20秒で完了し、50km/h以下であれば走行中の開閉操作が可能だ。ちなみにソフトトップのカラーはダークブラウン、ダークブルー、ダークレッド、ブラックの4色が設定されている。
アルミ製ペダルにより、スポーティなデザインに
インテリアにはアルミ製ペダルを採用し、シートの生地も専用デザインを採用することでスポーティ性を追求している。

パワートレインの情報はまだ未公開
やはり予想通りカブリオレにもAMGラインが採用されたが、まだパワートレインの情報が入っていない。
クーペのパワートレインには最高出力194psの1,995cc直列4気筒ディーゼルエンジン、184psの1,991cc直列4気筒ガソリンエンジン、245psの1,991ccの排気量を発揮する同じ直列4気筒ガソリンエンジン、333psを発揮する2,996ccのV型6気筒エンジンの4ラインナップで販売される予定なため、これらをはるかに凌駕するエンジンが搭載されるだろう。

価格や販売時期は未定なため、わかり次第投稿する。

 - Mercedes-Benz , , , , , , , , , , , , , ,