スパカ・高級車トレンド情報局

Welcome to my luxury auto blog.最新のNEWSや高級車に関する記事を載せてますので、どうぞごゆっくり閲覧ください。コメントも随時お待ちしております。

【メルセデスマイバッハ】今回の売りはハイテク性能??Sクラス3モデルが予約受付開始!都内にて発表も!

   

先月、新型コンセプトカーを発表したメルセデスマイバッハ。

 
今回はメルセデス ベンツは9月8日、新型「メルセデス マイバッハ S クラス」を発表し、同日より予約注文を受付開始。また都内にて発表会が行われたとのことでした。

 

新型 メルセデス マイバッハ Sクラス
『新型「メルセデス マイバッハ Sクラス」は、ステレオマルチパーパスカメラとレーダーセンサーの高度化により機能が大きく強化された「インテリジェントドライブ」、スマートフォンを使って車外から駐車操作などができる新しいテレマティクスサービス「Mercedes me connect」の採用など、安全性と快適性、効率性を高次元で融合させたモデル』とアナウンスされています。

 

マイナーチェンジなため、エクステリアデザインに大きな変化は見られないようです。

 

後部座席が拡大されたインテリア

 
インテリアにはメルセデス ベンツ「Sクラス」のロングモデルより20cm延長されたホイールベースによって、後部座席空間が拡大されました。

 

リアシートは左右ともに、座面の下からせり上がるレッグレストを備え、スイッチ操作でバックレストが43.5度までリクライニングが可能な「エグゼクティブシート」を採用しています。

ファーストクラスにはシャンパングラスを

 
また、ファーストクラスパッケージを選択すると、リアシートのアームレスト後端にクーリングボックス備えるとともに、ドイツの高級銀食器メーカー「ROBBE&BERKING」がマイバッハ専用に製作したシャンパングラスを収納できる専用収納スペースやリアシート用格納式テーブルなどを備えています。

 

どこかの社長が後部座席でシャンパンを楽しんでるのがイメージできますねw

 

エアロダイナミクス性能による静粛性向上

 
さらに、優れたエアロダイナミクス性能によって、風切り音の低減と、後席を大きく囲む遮音材、特殊なシーリング技術などにより、量産車としては世界最高の後部座席の静粛性を実現できたと述べられています。

 

3モデルを用意

ラインアップは、V8エンジン搭載モデルの「メルセデス・マイバッハ S 560」と、その4WDモデル「メルセデス・マイバッハ S 560 4MATIC」、V12エンジン搭載モデルの「メルセデス・マイバッハ S 650」の3タイプを設定しています。

 

エンジン性能としては「メルセデス マイバッハ S 560」、「メルセデス マイバッハ S 560 4MATIC」、最高出力345kW/469ps、最大トルク700Nmを発生するV型8気筒 4.0リッター直噴ツインターボエンジン搭載しました。

トランスミッションに9速ATを組み合わせるとともに、低負荷での走行時に4気筒を休止する機能により、燃料消費量とCO2排出量を抑え、環境性能の高さもアピールしています。


S650にはV型12気筒6.0リッターエンジン

 
そして「メルセデス マイバッハ S 650」には、最高出力463kW/630ps、最大トルク1000Nmを発生するV型12気筒 6.0リッターエンジンが搭載されます。

 

今回のメルセデスマイバッハのウリとしてはエクステリアやインテリア、エンジン性能ではなく、最新技術を組み合わせ安全性、快適性の両立を実現したラグジュアリーセダンという感じですね。

 

価格
メルセデス マイバッハ S 560

メルセデス マイバッハ S 560 4MATIC

両モデル ¥22,530,000
メルセデス マイバッハ S 650 ¥27,610,000

9月より順次納車を開始し、メルセデス・マイバッハ S 560、メルセデス・マイバッハ S 650 は12月頃納車予定です。

 - Mercedes-Benz , , , , , , ,