スパカ・高級車トレンド情報局

Welcome to my luxury auto blog.最新のNEWSや高級車に関する記事を載せてますので、どうぞごゆっくり閲覧ください。コメントも随時お待ちしております。

【ポルシェ】エンジン性能が15pS向上!?911 カレラS カブリオレのプロトタイプが期待大!

   

ポルシェの人気シリーズ「911」。その「911カレラ カブリオレ」の高性能モデル、「911 カレラS カブリオレ」次期型プロトタイプのテスト走行が行われていたため投稿します。

 

今年の3月にも一度目撃されており、当時搭載されていたトレッドを拡大した新ボディに、アクティブリアスポイラー、LEDストリップ・テールライト、リアバンパー左右には、クワッドエキゾーストパイプを装備していることから「S」モデルと認識することができます。

911 カレラS カブリオレ
ルーフには電動ソフトトップを採用、ヘッドライト、フロントバンパーのエアダクトデザインも一新され、よりアグレッシブ&スポーティーなアピアランスとなります。

 


3月目撃時プロトタイプ
また、フロントエアインテークの中央にはレーダーらしきものが見られ、先進安全技術の採用が予想されています。

 

ですが、これまでポルシェは自らの運転を楽しむという考え方を持っているため、自動運転技術の採用には積極的ではなく、自動ブレーキや自動パーキングレベルのものになり、自動操縦技術は搭載されないとみられています。

 

 


新プラットフォームを採用
次期型では、「モジュラースポーツカープラットフォーム」を採用し、ボディをワイド化、ホイールベースが延長されるのも特徴となっています。
現行モデルは全長4,505mm、全幅1,835mm、全高1,295mm、ホイールベース2,450mmであるので、このサイズよりややワイドになるイメージですね。

 


エンジン性能も15ps向上

 

パワートレインは3リットル水平対向6気筒ターボンジンを搭載し、最高出力は435ps、0-100km/h加速は4.1秒へパフォーマンスが向上すると見られています。

 

現行モデルは最高出力420ps/6500rpm、最大トルク500N・m/1700-5000rpmで最高速304km、0-100km/hは4.3秒であるため15psの最高出力の向上、0.2秒のパフォーマンス向上がされるでしょう。

 

 

ワールドプレミアは2018年秋、翌2019年からの販売が予想されており、価格は未発表です。

 

エンジン性能だけでなく最新技術などの採用も予想されており、非常に期待度が高いですね。
また追加情報が入り次第投稿します。

 

アウトバーン走行時の動画もありましたので、性能の参考になれば。

 - Porsche , , , , , , , ,