スパカ・高級車トレンド情報局

Welcome to my luxury auto blog.最新のNEWSや高級車に関する記事を載せてますので、どうぞごゆっくり閲覧ください。コメントも随時お待ちしております。

最高級&最大級クーペ!?V12エンジンのロールスロイス・レイス

   

今回はロールスロイスのレイスについて配信します。

レイス 

Rolls-Royce Wraith
「ゴースト」をベースにしたこの2ドアクーペは、最高出力624hp(日本公式HPでは632ps)を発揮するV型12気筒ツインターボエンジンを搭載した後輪駆動車で、流麗なファストバックデザインを纏っている。

Rolls-Royceの特徴でもある大きく厚みのあるドアは、もちろん後方支持の前方開きのコーチドアになっていて、特別感があるし乗り降りで足の引っ掛かりが少ない。

当たり前であるが、狭いところでは大きすぎてドア開口を確保しづらいが、余裕のある富裕層オーナーが買う高級車だから生活環境など考えても、そんなことは気にもならないのが現実。

ちなみにレイスはメルセデス・ベンツ「CLクラス」よりも3インチ(約76mm)、ベントレー「コンチネンタルGT」よりも1インチ(約25mm)幅が広いのだ。

レイス 前


最高級のインテリア

ドアを開けたフェンダー部には専用の傘が収納され、雨の日でも乗り降りの時から濡れずに過ごせるし、ドアポケットにはセンサー式のLED照明が備わる。

見上げると天井には星空が輝いている。これはオプションで142万6000円のスターライト・ヘッドライナーで、1340本の光ファイバーを丁寧に組み込み、星のようにひとつずつ明るさを調整している力作だ。

レイス天井
レイス内装

 

BMW製エンジンで最高出力632ps/最大トルク800Nm
ボディ重量が2650kgもあるのだが、レイスの走り出しの滑らかさとスムーズさは格別で、6.6リッターV12エンジンは本当にエンジンが回っているのか疑いたくなるアイドル回転振動は、V8ではなくV12エンジンでしか手に入らない。最大トルクはなんと800Nmを発揮するが、体感的にはもっとすごいそうだ。

最高出力632ps/最大トルク800Nmの6.6リッターのV12エンジンをフル解放した速さも規格外レベルで、ぜひ体感してみたいですね!!
そのような速度域でも室内には涼しく優雅な空気感が漂う余裕があるそうだ。

エンジンルームとキャビンの隔壁が二重構造になっているおかげで、アイドリング時のエンジン音はキャビン内でほとんど聞こえなかった。しかし、レイスのノーズ部分に収められているのは、BMWにルーツがある6.6リッターV12ツインターボエンジン、つまり、BMWのフラグシップ・セダンの「760Li」に搭載されている6.0リッター12気筒の排気量をアップさせたバージョンだ。

この新型クーペにはドライバーが3段階の設定から選択可能な4輪独立電子制御式のエアサスペンション(フロントはダブルウィッシュボーン式で、リアはマルチリンク式)が採用されている。車高は、通常の走行時には中間で固定されるが、手動で車高を低くして停車時の乗り込みを容易にすることや、急勾配を上る時や障害物を避けるために走行中に車高を高くすることもできる。

ただし、勘違いされる人が多いのだが、レイスはスポーツクーペではない!!

レイス

気になるこのレイスの価格はファントムより安いと言っても、その価格は3333万円である。

ロールス・ロイスの創業者の1人、ヘンリー・ロイス卿はかつてこう言ったそうだ。「今ある最高のものを選び、それをさらに素晴らしいものにしなさい。最高のものがなければ、生み出しなさい。」





【 ロールス・ロイス レイス 】
全長×全幅×全高=5280mm×1945mm×1505mm
ホイールベース=3110mm
駆動方式=FR
車両重量=2650kg
エンジン=6.6L V12気筒DOHC直噴ツインターボ
最高出力=465kW(632ps)/5600rpm
最大トルク=800Nm(81.6kg-m)/1500-5500rpm
トランスミッション=8速AT
最高速度=250km/h
0-100km/h加速=4.6秒
欧州複合サイクル燃費=14.0L/100km
サスペンション=前:ダブルウィッシュボーン
後:マルチリンク
ホイールサイズ=前後:20インチ
使用燃料=プレミアムガソリン
車両本体価格=3333万円
発売日=2014年10月1日

 - Rolls-Royce , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,