スパカ・高級車トレンド情報局

Welcome to my luxury auto blog.最新のNEWSや高級車に関する記事を載せてますので、どうぞごゆっくり閲覧ください。コメントも随時お待ちしております。

トヨタの新型スープラをBMWが開発!?コードネームは「Silk Road」

      2017/06/21

トヨタのスープラの新型が商標登録されたので、TOYOTAのすーぷらについて配信していきますね!

 

トヨタとBMWの共同開発による新型スポーツカー
2013年から発表されていたトヨタとBMWの共同開発による新型スポーツカー。新型スープラ、BMW Z5の2車が姉妹車として発売か?などの噂も飛び交っていましたが、どうやら「スープラ」の名で登場するようです!

2014年のデトロイト・モーターショーで、トヨタは次期スープラを想像させるダッチバイパーのような大型スポーツカー「FT-1コンセプト」を公開しました。
「FT-1コンセプト」はかなり大きいサイズです。市販車になる場合、「FT-1コンセプト」の約10%スケールダウンしたサイズか、現行BMW Z4をスケールアップしたサイズになるだろう。
新型スープラのシャーシはBMWが主導となり、Supra専用のものを開発中のようです。FR車用のシャーシになることも明らかになりました。

 
コードネームは「Silk Road」。その名の通り滑らかなシャーシとなるのか、それともドイツと日本の懸け橋となることを示しているのか…。
開発担当者の意図が気になるネーミングとなっています。
次期型Z4と共有するということは、ハイブリッドに限らず、昔ながらのガソリン・エンジンがそのプラットフォームには搭載できるように設計されているということを意味する。この件に関して最近、米自動車雑誌『Car and Driver』は、トヨタ側のスポーツカーにも、おそらくBMWから供給される直列6気筒ターボ・エンジンが搭載されるだろうと報じている。
ちなみにわたしの愛車BMW 335iも直6ターボです。



Hybridは必要なし
ハイブリッドはどうなるのかというと、C&Dの記事によれば、この開発コード名「シルクロード」と呼ばれる共同開発車に「ハイブリッドが用意されるという計画は、今のところない」とのこと。
C&Dはこの情報をBMW側から得たものとしているが、トヨタのデザイン・スタジオ「Calty Design Research, Inc.」のデザイナーも昨年、「ボディはスープラに倣って直列6気筒を念頭にデザインした」と米自動車情報サイト『Automotive News』に語っている。
TOYOTA スープラ.jpg
ちなみに、この新型スポーツカーは、2018年モデルとして2017年中に発表となる見込みであり、市販化される際にはFT-1より10%ほどコンパクトになるそうだ。
BMWとTOYOTAの共同開発は興味が出ますねかなり!!

 - TOYOTA , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,