スパカ・高級車トレンド情報局

Welcome to my luxury auto blog.最新のNEWSや高級車に関する記事を載せてますので、どうぞごゆっくり閲覧ください。コメントも随時お待ちしております。

ネオヒルズ族の与沢翼も購入!?待望の跳ね馬「488 Spider」

      2016/07/05

FERRARIは9月15日、フランクフルトモーターショー15において、お待ちかねの『488 Spider』を初公開した。
488 spider.jpg
『488 Spider』
同車は、『458スパイダー』の大幅改良車。クーペボディの『458イタリア』は3月、ジュネーブモーターショー15において、『488 GTB』に進化を遂げた。458スパイダーも大幅改良を機に、車名を488スパイダーに変更する。
画像のボディ・カラーは「Blu Corsa」と名付けられた新色だ。フェラーリのブルーコルサ(青色)もかなり渋いですね〜!
488スパイダーにも、488 GTB同様、今の時代では当たり前のダウンサイズの新エンジンを採用。ミッドシップに搭載されるのは、488GTBと同じ3902cc V型8気筒ガソリンターボエンジン。排気量は458スパイダーの4.5リットルV8自然吸気ユニットと比較して、およそ600ccダウンサイジングした。それでいて、最大出力670ps/8000rpm、最大トルク77.5kgm/3000rpmを引き出す。
従来の4.5 リットル(最大出力570ps、最大トルク55kgm)比で、排気量を縮小しながら、パワーは100ps、トルクは22.5kgmも向上。可変トルクマネージメントシステムにより、シフトアップに合わせて、スムーズかつプログレッシブに増加する強大なトルクを発生する。
488 spider 内装.jpg
トランスミッションは7速。乾燥重量は1420kg。488 スパイダーは、0‐100km/h加速3秒以内、0-200km/h加速は 8.7秒、最高速325km/hの圧倒的パフォーマンス。フェラーリによると、ターボラグを徹底的に排除したことで、ターボエンジンでありながら、切れ味鋭いエンジン応答性能を実現するという。


オープンカーを思わせないくらいめちゃめちゃ速いですね!!
フェラーリのミッド・リアエンジン車として初めて、リトラクタブル式ハードトップを採用した458スパイダーの利点を、488スパイダーも継承。走行中でも、たった14秒で開閉できる。
開閉スピードもハードトップなのにこれまた速いですね!
また、スカリエッティセンターの卓越したアルミニウム加工技術が可能にした軽量かつ高性能なスペースフレームシャシーは、クーペモデルと同等のねじれ剛性および屈折剛性を達成。フェラーリは、「シャシー性能は、458 スパイダーと比べて23%向上した」と説明している。
今回日本での販売価格は¥34,500,000也!!!
ちなみにロールスロイスベントレーなどの高級車を持ち、「秒速で億を稼ぐ男」で有名なネオヒルズ族の与沢翼さんもこのモデルを購入予定だそうです!
彼の愛車たちだそうです!




与沢さん自身のブログで「私はオープンにならないフェラーリは買わないと決めているので(クーペとオープン二重に楽しめた方がいいから)、488スパイダーの販売受付が開始されるまで首を長くしてドバイで待つことにします。ということで、決意表明でした。」と語っている。
488 spider rear.jpg
与沢さんといえば株やFXで億単位の金額を稼いでいて、ドバイやシンガポール、マレーシアに不動産投資しているくらい大金持ちでいらっしゃるそうです。
そりゃあ約3500万円もするFERRARI 488 Spiderも余裕で購入できますね。
彼を見習って、実は私もFXトレード始めて見ましたwww
こちらのFXでは開設するだけで、なんと、いきなり2万円のキャッシュバックがあったので、それで投資始めています。


 - Ferrari , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,